安全に関する取組み

安全に関する基本な方針

弊社はお客様の安全確保の最優先を念頭に、輸送の安全に関して以下の取り組みを行います。

 (1)安全を何より最優先する組織・風土の構築
 (2)輸送の安全に関する法令及び関連する規程の理解と遂行
 (3)安全を支える従業員の能力向上と健康の確保
 (4)お客様の安全を第一に考えた商品・サービスの提供
 (5)お客様との安全に関するコミュニケーションの推進
 (6)常に問題意識を持ち、必要に応じて積極的な変革
  以上の方針に基づき、「安全の確保」に向けた不断の努力を重ねてまいります。

安全に関する基本方針

輸送の安全に関する目標・計画

●輸送の安全に関する目標
【平成29年度目標】
  ・有責事故前年対比50%削減
  ・飲酒運転の根絶
  ・人身ゼロ
【平成28年度目標】
  ・有責事故前年対比50%削減
  ・飲酒運転の根絶
  ・人身ゼロ
【平成27年度目標】
  ・有責事故前年対比50%削減・・・未達成
  ・飲酒運転の根絶・・・達成
  ・人身ゼロ・・・未達成(重大事故なし)

●輸送の安全に関する計画
 輸送の安全に関する重点施策に応じて、輸送の安全を確保するために必要な取組計画を作成いたします。

 (1) 現状の把握
    安全統括管理者が各職場を視察し、問題点など情報を収集し解決に努めます。
 (2) 事故、ヒヤリ・ハット等
    事故後の事故当事者研修を行い、必要に応じて事故対策機構の特別診断の実施
    特別診断の結果をもとに個人指導
    全乗務員に対して事故防止研修(年2回)
 (3)内部監査の実施
    安全統括管理者が、自ら又は安全統括管理者が指名するものを実施責任者とし安全マネジメントの
    実施状況を点検するため、適切な時期を定め年に1回内部監査を行います。
    また、重大事故等が発生した場合や必要と認められた場合には速やかに内部監査を行います。
 (4)利用者・顧客からの安全に関する要望・クレーム
    顧客とのコミュニケーションを取り、乗客目線からの情報を収取するとともに必要に応じ解決に努めます。
 (5)前年度の計画の実施状況
    ※今年度からの実施の為、前年度の実施状況はありません。

輸送の安全に関する情報伝達・共有

・輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統(PDF)のとおりです。
・事故統計調査平成27年(PDF)のとおりです。

輸送の安全に関する重点施策

安全管理規程第6条(輸送の安全に関する重点施策等)に定める輸送の安全に関する重点施策等は、輸送の安全に関する方針および目的に基づき、次の通り遂行する。

(1)関係法令及び安全管理規程に定められた事項の遵守
(2)全従業員の意識向上と職場風土の改善
(3)安全に関する費用支出・投資を積極的に行う
(4)内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置
(5)情報の連絡体制の確立及び社内に於ける必要な情報の伝達、共有
(6)管理者、乗務員に対する教育及び研修に関して具体的な計画の作成、実施

輸送の安全に関する費用支出及び投資

事故後の事故当事者研修の場を設け、必要に応じて事故対策機構・教育機関などで診断・研修を行います。
老朽化車両を把握し翌年度の代替に向けて計画を立て、経年劣化による故障や事故のリスク回避に努めます。

事故・災害時等に関する報告連絡体制

異常事態・事故・災害発生時の連絡体制(PDF)のとおりです。

安全統括管理者及び安全管理規程

(1)安全統括管理者
代表取締役会長 中西雅美

(2)安全管理規程
rijoタクシーグループ・鯉城タクシー株式会社・鯉城交通株式会社 安全管理規程(PDF)のとおりです。

輸送の安全に関する教育及び研修の計画

 当社では従業員の安全意識向上・事故防止に努める為、年間計画を作成し研修・指導を行います。

研修名 対象者 実施回数
管理者研修 運行管理者 1回/年
初任運転者教育 初任運転者 入社時
高齢運転者教育 65歳以上 随時
事故防止研修 全運転手 2回/年
事故惹起者教育 事故惹起運転者 随時

行政処分の状況

平成28年度に行政処分を受けた事案はありませんでした。